人財育成のポイント

 * コミュニケーション(利用者、家族、職員向けなど)

 * リーダーシップ  (仕事の役割の明確化、指導力)

 * マネジメント   (能力把握、数字、経営計画、制度・法律の把握)

 * 人材育成     (リーダー、中堅職員、新人職員向け、人財育成中期計画)

 * PDCAサイクル   (ケアプラン実践、評価制度、第三者評価の活用)


リーダーの力量=組織活性化です
つまり、リーダー次第で組織は変わります

≪企業の場合≫ 

 

強い企業、弱い企業の差はどこにあるのか。
少ない人材にも関わらず一人ひとりがやるべきことを実行している企業が強い企業
人財とは「一人当たりの利益率・付加価値が高い」人材をいいます。
やるべきことは、人材の育成!(社員、経営者、後継者など)

 

≪福祉事業の場合≫

 

介護事業は空前の人材確保難の時代に入っています。新規採用が非常に厳しい中で、やるべきことは・・・

 

「いま、働いている人材を人財に育てること」

「辞めたくない組織をつくること」

 

このようなことが、人材定着率を高めています。

 

そこで

株式会社シンクアクトは、定着率を高める取り組みを支援しています。

 

①働きやすい職場環境づくり → 当たり前のことを当たり前にやるだけ

②徹底したビジネス基礎教育 → あいさつ、マナー、5S

③介護基礎リーダー教育プログラムの活用