福祉・介護特化型  人材育成/キャリアパス構築サポート

 

株式会社シンクアクト

志賀社会保険労務士事務所

 


福祉経営は人材マネジメント

自律型人財の育成をサポートしています

 

明るく、笑顔であふれる介護現場のつくり方

 

介護の現場は新3K!

 

「感謝される現場」 「感動が味わえる現場」 「希望が見える現場」

介護事業所の安定経営にむけて

介護事業所の経営が二極化しています。選ばれる事業所とそうでない事業所に。

選ばれる事業所では、利用者や求職者のファンづくりに成功し、売上を上げ、職員のレベル向上も目を見張るものがあります。人材確保が困難というイメージが強い介護業界ですが、ファンが多い事業所は是非働きたいという応募者ひっきりなしです。そして職員が辞めません。

 

人材確保に関するコストが大幅に減り、長期勤務によるスキルや知識の向上が更なるサービス向上につながっています。

 

結果的に他の事業所よりも給与も高く、職員もやりがい・働き甲斐を感じながら、雰囲気の良さが第三者からみても一目瞭然です。

 

介護事業者の売り=差別化は「人の質」「職員・スタッフ」を大切にすることを「カタチ」で見せることが今求められています。

実際に運用できる介護職員キャリアパス制度の構築

 キャリアパスは、各法人、各企業ごとに異なります。職員レベル、経験、風土などがそれぞれ違うからです。

 弊社のキャリアパス制度構築サポートでは、各施設に応じたキャリアパス制度を一緒に考え、実際に運用が軌道に乗るまでサポートしています。人材育成、労務管理、現場オペレーションを理解した専門家がサポートすることも特徴です。社会福祉法人施設長経験者、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャー、社会保険労務士などがしっかりとサポートします。

 介護職員処遇改善加算を活用して、人材育成と組織活性化を行う!

 

 平成29年度の新加算(Ⅰ)の取得にあたっては、キャリアパス制度の構築、定期昇給の仕組みの明確化などが必要です。またそれに対応した就業規則や賃金規程の変更を労働局への提出することも必要になります。(就業規則の変更は労基署への届出が義務付けられています)

 また、評価制度の構築に当たっては、職員への研修を通じて評価制度を自ら策定できることが重要です。

 弊社では、人材育成のプロと労務管理のプロである社会保険労務士とのタイアップで、加算(Ⅰ)の取得と成果に結びつくためにその運用に向けて細かなアドバイスを行っております。

【キャリアパス要件➀】

 ア)介護職員、管理者、経営者の職務が明確になっており、ステップアップへの評価制度を構築

 イ)職責、職務内容に応じた賃金体系を定めている

 ウ)上記内容を就業規則等(賃金体系含む)に記載し、全ての介護職員に周知している

【キャリアパス要件②】

 職員の資質向上のための計画作成、研修計画とその実施について職員に周知する

【キャリアパス要件③】

(1)次のいずれか昇給の仕組みを導入している

 ア)経験年数や勤続年数に応じて昇給する仕組み

 イ)資格取得(または保有)により昇給する仕組み

 ウ)人事評価や試験結果により昇給する仕組み

 

 

(2)上記の内容をすべての介護職員に周知している

【職場環境等要件】

 賃金改善以外の処遇改善への取組みの実施

  例)正社員登用制度、メンタルヘルス対策など

 

【POINT】

 * 人事考課規程

 * 階層別研修体系の構築

 * 就業規則と賃金体系の整備


新着情報

2017年5月17日  三菱電機ビルシステム主催 セミナーで講師を務めます。

          「もう当たり前、介護施設の効率化と生産性の向上とは」

          午前の部 10時30分~12時 40名

          午後の部 13時30分~15時 40名

          場所:三菱電機ビルシステム 関西支社4階 セミナールーム

        

          お問合せ:三菱電機ビルシステム 関西支社システム営業第三部第一課

                TEL 06-6447-0086 FAX 06-6447-1497

ダウンロード
第一回セミナーチラシ2017_0424.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 732.9 KB

2017年1月16日  時事通信社より1冊目の著書「ビジネスとしての介護施設」を刊行


2016年11月24日 美濃加茂商工会議所にてプレゼンテーションセミナーを行います。

         平成28年11月24日(木)13:30 ~ 16:30

          テーマ:「売上アップのための近道、本当に必要な顧客のニーズを探ろう」

 


研修の様子

2012年5月15日

三重県社会福祉法人研修会

平成23年10月19日 名古屋市社会福祉協議会において「運営管理職員研修」を担当させて頂きました。

 

テーマは

 「経営課題の分析と改善」

  1. 福祉事業における経営
  2. 経営マネジメントの必要性とその効用
  3. 福祉介護業界における課題解決のためのマネジメント手法
  4. 改善はどのように実践していくのか
  5. 福祉経営のポイント

 

大変熱心にお聞きいただきました。ありがとうございました。

福祉経営セミナー
福祉経営セミナー

平成22年11月18日 ふくしまる(現一般社団法人福祉経営綜合研究所)主催のセミナーを開催。

テーマは

 「運営」から「経営」へとシフトしていくためには?

 ① データに基づく福祉業界の動向

 ② 第三者評価を活用した

    サービス向上とその実践方法

 

 ― 講 師 ―

(一社)福祉経営綜合研究所 監事  江尻 毅

(一社)福祉経営綜合研究所 理事  志賀 弘幸