福祉経営は人材マネジメント 自律型人財の育成をサポートしています

 明るく、笑顔であふれる介護現場のつくり方

  介護の現場は新3K!

   「感謝される現場」

   「感動が味わえる現場」

   「希望が見える現場」

2015年4月 介護保険改正  プロの介護経営事業が生き残る時代に突入!!

 平成27年2月6日に厚生労働省より平成27年度から3か年の介護報酬の改定が公表されました。

 その内容は平均2.27%の減額とのことですが、サービス種類、事業規模によっては最大9.8%の

減額されるサービスもあります。

 話題になっていた要支援の単価は、20%以上の減額となり、リハビリ機能重視型で要支援者向けの

サービスを展開していたデイサービスなどは経営の継続が厳しい事業所も出ると予想されます。

 この改正を分析すると、キーワードは「認知症対応」「中重度支援」です。

 これを実際に対応するとなると現場スタッフへのメンタル、フィジカル面へのサポートの充実がカギになります。キャリアアップできる職場環境、研修の充実した職場などを重視する職場へ介護スタッフ

が移動し始めるでしょう。

 善は急げです。早く対応した現場が生き残る時代へ突入しました。

介護職員キャリアパス制度の構築

 介護職員処遇改善加算を活用して、人材育成と組織活性化を行う!

 

 加算(Ⅰ)の取得にあたっては、就業規則や賃金規程の変更と労働局への提出も必要になります。 

 また評価制度の構築に当たっては、職員への研修を通じて評価制度を自ら策定できることが重要です。

 弊社では、人材育成のプロと労務管理のプロである社会保険労務士とのタイアップで、加算(Ⅰ)の取得と成果に結びつくためにその運用に向けて細かなアドバイスを行っております。

 

  【キャリアパス要件➀】

  ア)介護職員、管理者、経営者の職務が明確になっており、ステップアップへの評価制度を構築

   イ)職責、職務内容に応じた賃金体系を定めている

      ウ)上記内容を就業規則等(賃金体系含む)に記載し、全ての介護職員に周知している

  【キャリアパス要件②】

   職員の資質向上のための計画作成、研修計画とその実施について職員に周知する

  

  【職場環境等要件】

   賃金改善以外の処遇改善への取組みの実施

   例)正社員登用制度、メンタルヘルス対策など

  【POINT】

    * 人事考課規程

    * 階層別研修体系の構築

    * 就業規則と賃金体系の構築

【セミナー情報】

 ➀ 2016年も愛知県社会福祉協議会主催

   「福祉職員キャリアパス対応生涯研修」で講師を務めます。

    管理職、中堅職員研修の予定

 

 ② 2016年6月8日(水)

   「新ヘルスケア産業フォーラム大会」で講演します。16:10~16:55

   【テーマ】「介護現場のニーズにもとづく介護周辺サービス創出の可能性」

 

 ③ 2016年6月13日(月)

    NPO法人 医療・福祉サービス事業者サポート機構 主催 

    「介護職場定着支援セミナー」(無料)で講師を務めます。

 

 KBCセミナー 共立総合研究所主催

    「介護現場を「希望、感謝、感動の新3Kで満たすモチベーション向上の仕組みづくり」

     ~キャリアパス制度を最大に活かすには~

    日時:2016年6月16日 13時30分~16時30分

    場所:OKB Harmony Plaza 名駅

     https://www.okb-kri.jp/_userdata/pdf/seminar/160616.pdf

 

【介護事業所に活用できる助成金最新情報】

キャリア形成促進助成金を活用し「キャリアパス制度」を構築の支援をしています。

 2016年4月の改定で導入された「教育訓練・職業能力評価制度」の制度導入制度を活用します。

 

キャリアアップ助成金

パート労働者の多い介護現場の教育に最適です。

 事例) パートさんとして採用した介護スタッフが介護技術研修・コミュニケーション研修を受講

     → 10万円/人(10万以下は実費)

                ↓ その後 正社員として雇用し、6か月勤務した

     → 50万円/人を受給しました。

       ↓

* キャリアアップ助成金 

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000117306.pdf

 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成があります。

 1.正規雇用等転換コース(有期社員を正社員に。60万円支給)

 2.人材育成コース (100時間未満の研修は経費助成:10万円が限度、賃金助成800円/時間あり)

 3.処遇改善コース

 

* 職場定着支援助成金

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000122387.pdf

 事業主が、雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入等による雇用管理改善を行い、人材の定着・確保を図る場合に助成。

 介護事業主の場合は、介護福祉機器の導入等や介護労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備を追時手、介護労働者の離職率の低下に取り組んだ場合も助成されます。

 【例】介護労働者雇用管理制度助成

   制度整備助成 50万円 ⇒ 離職率に関する目標達成(1年後)60万円 ⇒ 〃(3年後)90万円

 ※ 助成金申請には制度構築に関する診断・コンサルを実施し、計画書作成、提出をしています。

   助成金申請、支給申請も志賀社労士事務所がサポートします。

【執筆】

「介護人財育成1、2月号」(日総研出版に多職種連携リーダー論を掲載)

 *医療、福祉の連携が求められる中、リーダーの存在、役割、機能を考えます

【研修の様子】

2012.5.15 三重県社会福祉法人研修会
2012.5.15 三重県社会福祉法人研修会
施設管理者研修(名古屋市社会福祉協議会様)
施設管理者研修(名古屋市社会福祉協議会様)

平成23年10月19日 名古屋市社会福祉協議会において「運営管理職員研修」を担当させていただきました。

テーマは

 「経営課題の分析と改善」

 ①福祉事業における経営

 ②経営マネジメントの必要性とその効用

 ③福祉介護業界における課題解決のためのマネジメント手法

 ④改善はどのように実践していくのか

 ⑤福祉経営のポイント

 

大変熱心にお聞きいただきました。ありがとうございました。

福祉経営セミナー(H22年11月18日)
福祉経営セミナー(H22年11月18日)

平成22年11月18日 ふくしまる(現一般社団法人福祉経営綜合研究所)主催のセミナーを開催。

テーマは

 「運営」から「経営」へとシフトしていくためには?

 ① データに基づく福祉業界の動向

 ② 第三者評価を活用した

    サービス向上とその実践方法

 講師:(一社)福祉経営綜合研究所

     監事 江尻 毅

    (一社)福祉経営綜合研究所 

     理事 志賀 弘幸

頑張る人の応援団ブログへ
●ブログにて気づきを連載しています

ブログ最新情報

介護職員は傾聴が大切
>> 続きを読む

キャリアパス生涯研修
>> 続きを読む

思考 × 行動
思考 × 行動

株式会社シンクアクト
愛知・三重福祉サービス

第三者評価機関認証

志賀社会保険労務士

事務所
社会福祉士&社労士

-本社-

〒477-0032

愛知県東海市加木屋町

東大堀27-7


-東海事務所-

477-0034

愛知県東海市養父町

1番地7

テイガンⅢ 202号

TEL 0562-34-4847

FAX 0562-35-0605

facebookへ